TRINUS.co.jp

おうちでお花見「桜配りプロジェクト」実施レポート

おうちでお花見「桜配りプロジェクト」実施レポート

通常価格 ¥0 JPY
通常価格 セール価格 ¥0 JPY
セール 売り切れ
税込

医療的ケアが必要で⾃由な外出が困難な⼦供たちに「お家でお花⾒」体験をしてもらうため、認定NPO法人フローレンスの「医療的ケアシッター ナンシー」をはじめとした障害児保育・支援事業を利用するご家庭に「桜」を無償提供する「桜配りプロジェクト」を実施しました。

わずか600gという低体重で生まれた、かいりくん(4歳)。現代の高度医療で一命はとりとめたものの、脳に障害が残り、現在は日常的に人工呼吸器による呼吸管理が必要です。
なかなか自由に外出することが難しく、1日のほとんどをお家で過ごすことが多いそう。
そんなかいりくんに「おうちでお花見」を楽しんでもらえるよう、啓翁桜(ケイオウザクラ)をお届けしました。

本物の桜をこんなに間近で見るのは初めてという、かいりくん。それまで少し眠たそうだった目を大きく開いて、キラキラとした眼差しで見つめます。
自然の力いっぱいの枝ものは、ただそこに在るだけで存在感があり、かいりくんの心を惹きつけます。

お母さんによれば、「こんなに何かをじっと見つめることは珍しい。よほど興味を持っているんだと思う」とのこと。
常にかいりくんのそばで気を配っているお母さんも、なかなか自由に外出することは難しいため、「枝ものを飾ることで、お家で季節の移ろいを感じられるのは、すごく嬉しい」と話してくれました。

桜に夢中なかいりくん、そんなかいりくんの様子を見て喜んでくれたお母さんに、お届けした私たちの方が元気をもらいました。

詳細リリース(PRTIMES)はこちら

詳細を表示する