TRINUS
2021.05.14
中西 由貴
プロデューサー/マーケティング。
関西大学マスコミ学専攻卒業後、株式会社ワークスアプリケーションズに入社。大企業向けERP パッケージのQAとして機能設計・品質管理、コンサルとして様々な業種業態の企業の導入・保守をする。2016 年、WEB業界に転身。メディア事業部、WEBメディアの立ち上げを単独で推進。半年で300万PVのメディアに成長させる。専門はコンテンツSNS運用、SEO。

TRINUSの事業に、意義と共感を感じて


ー TRINUSへのジョインを決めたきっかけは?

代表の佐藤とはもともと友人でした。TRINUSの取り組みは以前から知っていて、創業から約2年間、ひとりで事業に取り組む様子を見ていました。
大企業のイノベーションを促進したり、埋もれた技術を有効活用という役割には社会貢献性がありつつ、開発された商品はまるで発明品のような驚きにあふれている。さらにテレビや雑誌などマス媒体に次々と取り上げられている様子に「スケールしていてすごいな」と注目していました。
ジョインを考えるようになったきっかけは、ある日代表から「オンラインストアの売上を最適化したい」と相談されたこと。WEBマーケターとしてデータ分析能力を強化できるいい機会ではと、決意しました。

 

優秀なメンバーと働ける喜び


ー 主な担当業務は?

これまでWEBメディアのグロース(主にPV数の向上)をメインに仕事をしてきました。
TRINUSでのミッションは、WEBに関わる全ての改善です。
具体的には、現行サイトのUI・UXをユーザーニーズに最適化させるべく、Googleアナリティクスでユーザー行動を分析し、サイトのリニューアル設計に反映するなどしています。その他にも、SNS戦略やプロモーションのための広告戦略、オンラインストアの改善など、WEBマーケティングに関わることはまるっと担当しています。

 

ー TRINUSの魅力は?

「優秀なメンバーと働けること」は、仕事において何より幸せなことだと思います。
少人数で多くのプロジェクトを回しているので、メンバーそれぞれが自分の得意領域を持ちつつも守備範囲は広いです。日々「こんなこともできるのか!」「このスピード感でこのクオリティに仕上げるなんて!」という驚きは刺激的です。
マーケティング担当である私は、プロジェクトを横断してほとんどのメンバーと会話します。メンバーにとって有益で、常に期待値を超える存在でいたいです。

会社の雰囲気としては、スタートアップらしい”勢い”と、全員が何かの専門家であるという”落ち着き”という一見相反する両方を体現できている点はこの規模の会社では珍しい気がしますし、働きやすいです。

 

どんなサイトでも、グロースハックを極めたい


ー 今後の目標は?

TRINUSは「デザイン投稿サイト」「オンラインストア」「メディア(現在準備中)」という大きく3サイトで構成されています。それぞれサイトの役割や目標値は違いますが、どんなサイトであっても伸ばしたいですね。
「中西に任せておけば、サービスや会社の認知も上がる!サイトのPVが上がる!オンラインストアが動く!」そんな風に、劇的な成長の仕掛け人でありたいです。

やらされ仕事は好きではないので、目の前の仕事の本質を捉え、アウトプットの質を高め、成果を出すことにとことんこだわっていきます。